クラックペイントについて
クラックペイントについて
クラックは「ひび割れ」を作り出すクラッキング塗装です。

クラッキング塗装は、加工したい雑貨にクラッキング塗料を塗り、その上から仕上げの塗料を塗るだけの簡単な加工です。

上塗り用の塗料を横向きに塗るか、縦向きに塗るかでひびの入り方が違ってきます。






-- まずはクラッキング加工したいものを用意 --

○下塗り用や、上塗り用の塗料
-- ヴィンテージペイント soft sand --
○塗料を塗るための刷毛
-- フラットブラシ size'1' --





-- 下地を塗っていきます --
下地を入れた方がひび割れた部分から色が見えるのでよりアンティーク感がでます。↓



-- クラックペイントを塗っていきます --
下塗りの塗料が乾いたらクラックを塗ります。↓



-- 上塗りを塗っていきます --

-- ヴィンテージペイント Ocean blue --
今回はクラッキング塗料が完全に乾く前の少しべたつきが残る段階で、上塗り用の塗料を塗っていきます。↓



-- 出来上がり --
上塗り用の塗料を塗ったあと1日〜2日乾燥させたら完成です。
本当に塗るだけでクラッキング加工が出来てしまいます。↓




-- 仕上げにアンティークワックスを塗ります --

-- Antique Wax - clear - --
ワックスで、表面を保護し、撥水加工を行います。
定期的に塗ることによって美しさを保つことが出来ます。↓